中性脂肪を減らす食品

トップページ > 食べた方が良い食品

中性脂肪を減らそう(食べ物偏)


4-3●食べた方が良い食品

一価不飽和脂肪酸とは?体内で酸化しにくい上に、血液中の悪玉コレステロールを減らす働きを持つため、健康にも良い油です。 オリーブオイル・アーモンド・アボガドに多く含まれています。

魚介類 主に青魚に含まれる、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)は、肝臓での中性脂肪の合成を抑え、血中の中性脂肪を減らす。
リンゴ 農業技術研究機構果樹研究所の調査により、血液中の中性脂肪を減らす効果が明らかに
海草類 ビタミン、ミネラルが豊富で低カロリー、食物繊維も豊富です。食物繊維は胆汁酸を吸着し、肝臓に貯えられたコレステロールが使われるので、結果的に血液中のコレステロールが減少します。

野菜・果物・海藻は必ず摂ろう

食事制限やストレスによってビタミンやミネラルが不足しやすくなるので、積極的に野菜・果物・海藻類を摂りたいところです。また、野菜や果物・海藻類に含まれる食物繊維は、便秘を解消するだけでなく、脂肪燃焼が低下するのを防ぐ働きがあります。

旬の野菜や果物には栄養が豊富です。最近は1年中どんなものでも収穫できるようになりました。 そのせいか土壌の悪化によりビタミンの含有量が昔に比べて少なくなったと言われています。 しかし、旬の野菜や果物は、よりよく育っていておいしいだけでなく栄養がたっぷり含まれています。 鮮度の高い穫れたての地元の素材を選ぶのも賢い方法です

お茶

カテキン・ポリフェノールが多く含まれ、コレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがある。 また、水分を多めにとることで代謝がよくなり、老廃物の排出が増えます。

ポリフェノールの仲間

カテキン・タンニン・フラボノイド・アントシアニンも 体内の中性脂肪を分解する酵素の働きを活発にする働きがある。脂肪分が胃や腸から吸収される前に、 吸着して体外に排泄するため、脂肪が吸収されにくい。活性酸素による害を防いだり、動脈硬化を抑制する効果もある。

ポリフェノールを多く含む食品

赤ワイン・ウーロン茶・ブルーベリー・りんご・納豆など

次は ≫ 中性脂肪を減らそう(運動偏)

●本当は怖くない中性脂肪 ●なにごとも、節度を持って ●誰しも肥満になりたいわけぢゃない!
  • 1-1●中性脂肪とは・・・
  • 1-2●なぜか悪者イメージの・・・中性脂肪
  • 1-3●中性脂肪についての血液検査の参考基準値
  • 2-1●エネルギー貯蔵物質の中性脂肪
  • 2-2●人間が生きていくのに必要不可欠な中性脂肪
  • 2-3●過剰摂取は禁物
  • 3-1●皮下脂肪、内臓脂肪
  • 3-2●メタボリックシンドローム
  • 3-3●一に運動、二に摂生
  • ●やっぱり・・・節度ある食生活 ●できるだけ・・・運動が肝心 ●中性脂肪、食生活にプラスワン
  • 4-1●中性脂肪を減らそう(食べ物偏)
  • 4-2●減らした方が良い食品
  • 4-3●食べた方が良い食品
  • 5-1●中性脂肪を減らそう(運動偏)
  • 5-2●有酸素運動で中性脂肪を減らす
  • 5-3●おすすめはウォーキング
  • 6-1●DHA・EPA・α(アルファ)リノレン酸
  • 6-2●ポリフェノール・食物繊維
  • 6-3●中性脂肪にトクホ商品・医薬品